本文へスキップ

検定試験CERTIFICATION EXAM

会社決算書アナリスト試験


会社決算書アナリスト試験とは

 わが国では、簿記の検定試験制度は確立し、これについては一定の社会的評価を受けています。これを会計技能検定の
“ ハード” の面と捉えると、会計技能の利用、ソフトの面での検定については重視されてこなかったように思われます。
それでは、“ ソフト” の面とは何か。ずばり、簿記により作成した会社決算書・財務諸表の見方・読み方、いわゆる
財務諸表分析であります。このソフトの面の検定、つまり会社決算書アナリスト(分析家)能力の検定試験制度を、
今回導入しました。
 ここでは、企業経営の管理能力の陶冶は言うまでもなく、金融化された現代社会に生きる個人の投資能力の育成も
意図されています。


資格試験の概要
 取得資格名 会社決算書アナリスト試験 
 試験実施日  年2 回 7 月・1 月実施
 試験会場  大学など(高校や専門学校など、一定の組織の場合、一定の受験者数が確保できれば、
機構の審議を経て、受験会場になれます。
 受検料  一般受験 4,000円(税込)、学生団体割引 1,500円(税込)
※学生団体割引は第14回より2,000円(税込)となります。
 公式テキスト  決算書分析の方法と論理 公式テキスト
出版:ネットスクール 注文方法は「公式テキスト」より注文書をご利用の上
FAX・大学生協様にてお求めいただけます。


試験出題内容・形式
 第1問 財務諸表分析に用いられる用語の理解に関する問題   財務諸表分析について全般的な知識を問う。 正誤問題 
 第2問  収益性分析に関する指標計算問題
安全性分析に関する指標計算問題
 例示した財務諸表の分析数値(指標)を
計算させる計算問題と計算した数値の意味
を問う記述問題。
 計算問題
記述問題
 第3問  企業経営の見方についての問題  財務諸表の分析数値を使って、企業経営の
仕方を考えたり、経営活動を評価する問題。
企業管理者として企業経営の手法を学ぶとと
もに、企業経営を評価できる能力を問う。
計算問題
記述問題 
 第4問  一般投資家の企業への投資に関
する問題
 投資家として、企業に投資する能力を会得する。
企業外部の情報(株価)を利用し投資先を
評価、適正な投資先を選択できる能力を問う。
 計算問題
記述問題


会社決算書アナリスト試験資料

会社決算書アナリスト試験パンフレット(PDF形式)

会社決算書アナリスト試験規則

会社決算書アナリスト試験規則(PDF形式)

会社決算書アナリスト試験細則

会社決算書アナリスト試験細則(PDF形式)

受験ガイド

受験ガイド(PDF形式)

会社決算書アナリスト試験出題範囲表

検定試験出題範囲表(PDF形式)

試験結果


会社決算書アナリスト試験結果

バナースペース

一般社団法人 資格教育推進機構